水素材料先端科学研究センター

トライボロジー研究部門

安全評価研究部門 >>
   燃料電池自動車や水素インフラで使用される機器では、軸受、バルブ、シールなど水素中で作動する摩擦摺動部品が多く使われています。一般に摩擦や摩耗などの材料表面で起こる諸現象は雰囲気ガスの影響を受け、水素中の摩擦係数、摩耗量、転がり疲れ寿命などは大気中とは異なります。したがって、水素中で作動する機器の性能や寿命、信頼性を確保するためには、水素中のトライボロジーを正しく理解する必要があります。
   トライボロジー研究部門では、各種合金、コーティング材、高分子材料、ゴム材料などの常圧水素中、高圧水素中のトライボロジー特性データを取得して機器開発に貢献するとともに、トライボ界面で起こる諸過程と界面の性質の変化のメカニズムを解明し、将来の水素機械システムの信頼性に貢献する、水素トライボロジーの基礎確立を目指した研究を行っています。

高圧水素インフラにおけるトライボロジー要素

高圧水素インフラにおけるトライボロジー要素
<< 研究部門一覧 ページの先頭へ