水素材料先端科学研究センター

安全評価研究部門

物性研究部門 >>
    安全評価部門は2013年に第2期HYDROGENIUSがスタートした際に新設されました。水素と材料に関する研究についてはこれまでHYDROGENIUSの4部門で行ってきましたが、今後水素エネルギーが本格普及していくと水素を取り扱う人口が増え、ヒューマンエラーが起こる可能性があることも視野に入れなくてはなりません。
   そこで当部門では水素を安全に取り扱う為の基礎研究、安全教育の推進、そして人材育成、特に小中学生や一般への教育・啓蒙普及を行い、関係企業や関連機関と連携し、安全で経済的な利用基盤の確立を目指しています。

研究概要

安全評価研究部門
 
 

<< 研究部門一覧

ページの先頭へ