水素材料先端科学研究センター

「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)副理事長 講演会」 開催報告

水素元年と言われる2015年に入り、燃料電池自動車(FCV)や水素ステーション、エネファームの普及が進んでおり、水素社会の実現に向けて動き始めたところです。当九州大学水素材料先端科学研究センター(HYDROGENIUS)も創立10年目に入り、研究活動を加速しています。今回、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)倉田副理事長をお招きし、水素を含む新エネルギーを巡る諸状況とNEDOの技術開発の動向についてご講演頂きました。

講演の様子


講演会開始

倉田副理事長 ご紹介

「新エネルギーを巡る現状と研究開発の方向性」

高松工学部長

全体の様子
<< イベント・講演会TOP ページの先頭へ