水素材料先端科学研究センター

開催報告「水素先端世界フォーラム2017」

  本年2月2日(木)、3日(金)の2日間、九州大学水素材料先端科学研究センター(HYDROGENIUS)は、アクロス福岡及び伊都キャンパスにおいて、「水素先端世界フォーラム2017」を開催しました。
   当センターでは、水素エネルギー社会の実現に向けた水素安全利用技術を確立しつつ、水素に関する基礎的・科学的知見の深化を目指した最先端の研究活動を行っています。また、研究を通して得られた知見を学会・研究者のみならず、広く産業界へ普及するための活動も行っています。その一環として、2007年から毎年、福岡水素エネルギー戦略会議、福岡県を始め、関係各機関と連携して「水素先端世界フォーラム」を開催しています。
   第11回目となる今回は、新たに九州経済産業局、九州大学エネルギー研究教育機構も加え開催しました。
   2月2日は、国内外の水素エネルギーの研究開発の最前線、水素供給インフラ、燃料電池自動車、燃料電池フォークリフトなどの取組みについて、NEDO、米国DOEや各企業から、講演を頂きました。
   2月3日は、技術分野毎のシンポジウムにおいて、国内外の研究者が最新の研究開発成果を発表しました。また、水素関連施設(HyTReC、NEXT-FC、HYDROGENIUS)見学も行いました。
   最後に、今回のフォーラムには、2日間で延べ900名を超える方々に参加頂き、感謝申し上げます。

  • 主催: 国立大学法人 九州大学 水素材料先端科学研究センター
             九州経済産業局
  • 共催: 福岡水素エネルギー戦略会議
             福岡県
             国立大学法人 九州大学 エネルギー研究教育機構
  • 後援: 福岡市
             国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
             国立研究開発法人 産業技術総合研究所(AIST)
             一般社団法人 水素エネルギー協会(HESS)
             一般社団法人 燃料電池開発情報センター(FCDIC)
             燃料電池実用化推進協議会(FCCJ)
             一般社団法人 水素供給利用技術協会(HySUT)
             公益財団法人 水素エネルギー製品研究試験センター(HyTReC)
             公益財団法人 九州大学学術研究都市推進機構(OPACK)
             一般社団法人 九州経済連合会
             福岡経済同友会
             北部九州自動車産業アジア先進拠点推進会議
             ふくおかFCVクラブ
  • 参加費:無料

水素先端世界フォーラム2017  

時間14:00−14:10 開会式(主催者挨拶)
 
座長 杉村丈一 九州大学HYDROGENIUS 研究センター長
時間14:10-14:35 テーマ 「水素社会」は来るのか 〜NEDOの研究開発の最前線〜
講演者 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
新エネルギー部長
松本 真太郎 氏
時間14:35-15:05 テーマ Recent advances in hydrogen and fuel cell technologies and remaining challenges
講演者 米国エネルギー省(DOE)
Mr. Charles James Jr.
時間15:05-15:30 テーマ 水素社会実現に向けた JXの取り組み
講演者 JXエネルギー株式会社 水素事業推進部
部長 和久 俊雄 氏
時間15:30-15:55 テーマ Hydrogen Compatibility of Polymers Program Overview
講演者 Pacific Northwest National Laboratory
Team Lead Materials Testing & Development
Applied Materials & Performance Group
Senior Research Scientist
Mr.Kevin L. Simmons
時間15:55-16:20 テーマ Hondaの新型燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」の紹介と水素社会実現への取組みについて
講演者 株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター
主任研究員 清水 潔 氏
時間16:20-16:45 テーマ 燃料電池フォークリフトの取組み
講演者 株式会社豊田自動織機
技術・開発本部 企画戦略グループ
グループ長 鈴木 宏紀 氏
時間17:00-18:30 レセプション

水素先端世界フォーラム2017  研究シンポジウム  

 
  • 会場:九州大学 伊都キャンパス 椎木講堂
  • 参加形式:オープン(参加無料)
  • 言語:英語(同時通訳あり)
材料強度研究部門 金属材料研究部門 >プログラムページへ(pdf51KB)
JOINT HYDROGENIUS AND I2CNER INTERNATIONAL WORKSHOP ON
HYDROGEN-MATERIALS INTERACTIONS 2017
参加人数 137名
高分子研究部門 高分子材料研究部門 >プログラムページへ(pdf26KB)
International Symposium of Hydrogen Polymers Team,
HYDROGENIUS Tentative Program
参加人数 104名
トライボロジー研究部門 トライボロジー研究部門 >プログラムページへ(pdf134KB)
2017 HYDROGENIUS & I2CNER Tribology Symposium
参加人数 60名
物性研究部門 物性研究部門 >プログラムページへ(pdf15KB)
Workshop on Thermal Issues for Hydrogen and Related Energy System
参加人数 42名
<< イベント・講演会TOP ページの先頭へ