「九州水素・燃料電池フォーラム」同時開催!
pdfダウンロードプログラム(pdf564KB) 
 
○九州水素・燃料電池フォーラム 9:30-12:40
【プログラム】
   「水素エネルギーの現状と将来展望」
     佐々木 一成 氏
     (九州大学水素エネルギー国際研究センター)
 
   「水素社会の実現に向けた取組みの加速」
     山澄 克 氏
     (経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー・
    新エネルギー部 新エネルギーシステム課)
 
   「九州地域での水素関連プラットフォーム構築に
     向けて」
     庵原 一水 氏
     (デロイトトーマツコンサルティング合同会社
    パブリックセクター)
 
   「BIG HIT Project. Building Innovative Green
     Hydrogen systems in an Isolated Territory:
     a pilot for Europe」
     Mr. Jesús Simón Romeo
     (Aragon Hydrogen Foundation Head of
     Technical Department )
 
   「福岡県の水素エネルギーへの取組みについて」
     牛島 英典 氏
     (福岡県商工部新産業振興課)
 
   「福岡市水素リーダー都市プロジェクト」
      今村 寛 氏
     (福岡市 経済観光文化局 創業・立地推進部)
 
   「産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー
     研究所での水素関連技術開発」
     古谷 博秀 氏
     (産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー
     研究所)
 
   「持続可能な低炭素社会に向けたトヨタチャレンジ
     2050の紹介と達成に向けた水素の役割とポテン
     シャル及び九州への期待」
     広瀬 雄彦 氏
     (トヨタ自動車株式会社 先進技術開発カンパニー
     先進技術統括部 水素・FC推進グループ)

 
プログラム
2/2
14:00-16:50
水素先端世界フォーラム2017
2/2
17:00-18:30
懇親会
※懇親会費用2,000円
2/3
9:05-12:00
水素関連施設見学
2/3
HYDROGENIUS研究シンポジウム
2/2 水素先端世界フォーラム2017
主催者挨拶
時間14:00-14:10 国立大学法人九州大学水素材料先端科学研究センター
研究センター長 杉村丈一
講演
時間14:10-14:35 「水素社会」は来るのか 〜NEDOの研究開発の最前線〜
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
新エネルギー部長 松本 真太郎 氏
時間14:35-15:05 Recent advances in hydrogen and fuel cell technologies and remaining challenges
米国エネルギー省(DOE)
Mr. Charles James Jr.
時間15:05-15:30 水素社会実現に向けた JXの取り組み
JXエネルギー株式会社 水素事業推進部
部長 和久 俊雄 氏
時間15:30-15:55 Hydrogen Compatibility of Polymers Program Overview
Pacific Northwest National Laboratory
Team Lead Materials Testing & Development
Applied Materials & Performance Group
Senior Research Scientist
Mr.Kevin L. Simmons
時間15:55-16:20 Hondaの新型燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」の紹介と水素社会実現への取組みについて
株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター
主任研究員 清水 潔 氏
時間16:20-16:45 燃料電池フォークリフトの取組み
株式会社豊田自動織機
技術・開発本部 企画戦略グループ
グループ長 鈴木 宏紀 氏
レセプション
時間17:00-18:30