水素材料先端科学研究センター

開催報告「水素先端世界フォーラム2014」

1月31日(金)、水素材料先端科学研究センター(HYDROGENIUS)は、福岡市で「水素先端世界フォーラム2014」を開催しました。本フォーラムは、水素社会の実現に向けた国内外の取り組みや研究成果を広く産業界へ普及させることを目的とし、2007年から2013年までは産業技術総合研究所が主催となり開催してきました。2014年からは水素材料先端科学研究センターの研究活動を九州大学が引き継ぎ、本フォーラムを福岡県と共催で開催しました。
  • 主催: 国立大学法人 九州大学
  • 共催: 福岡水素エネルギー戦略会議、福岡県
  • 後援: 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
             独立行政法人 産業技術総合研究所
             水素エネルギー協会(HESS), 燃料電池開発情報センター(FCDIC)
             燃料電池実用化推進協議会(FCCJ)、
             公益財団法人 水素エネルギー製品研究試験センター(HyTReC)
             福岡市
  • 参加費:無料
水素先端世界フォーラム2014  
  • 会場:九州大学伊都キャンパス 稲盛ホール
  • 主催者挨拶:九州大学(杉村センター長/HYDROGENIUS, ソフロニス所長/I2CNER)
                    福岡県(服部副知事)
  • 来賓者挨拶:九州経済局 資源エネルギー環境部 井手部長)
  • 参加形式:オープン(参加無料)
  • 言語:英語

pdfのダウンロードpdfマークがある講演テーマをクリックすると、講演データを閲覧することができます。

時間9:00−9:10 開会式(主催者挨拶、来賓者挨拶)
  『クリーンエネルギーとしての水素の可能性』
座長 栗山信宏 九州大学HYDROGENIUS 副研究センター長
時間9:10-9:50 テーマ Japan’s approach to hydrogen economy
講演者 新エネルギー・産業技術総合開発機構
新エネルギー部長
橋本道雄 氏
時間9:50-10:30 テーマ Current technological and industrial progress in hydrogen and  fuel cells in the US pdfのダウンロード
講演者 米国・サンディア国立研究所
Dr. Brian Somerday
時間10:30-11:10 テーマ Hydrogen and Fuel Cells in European Regions Cooperation for Market Preparation
講演者 独・ノルトライン・ヴェストファーレン州経済振興公社
日本法人代表
Mr. Georg Loer
時間11:10-11:30 テーマ New HYDROGENIUS for 2015 and beyond pdfのダウンロード
講演者 水素材料先端科学研究センター
研究センター長、 九州大学大学院教授
杉村丈一 氏

水素先端世界フォーラム2014  研究シンポジウム
材料強度研究部門 金属材料研究部門 >プログラムページへ(pdf15KB)
Joint HYDROGENIUS and I2CNER International Workshop on Hydrogen-Materials Interactions
参加人数 63名
材料強度研究部門 高分子材料研究部門 >プログラムページへ(pdf15KB)
International Symposium of Hydrogen Polymers Team, HYDROGENIUS
参加人数 32名
材料強度研究部門 トライボロジー研究部門 >プログラムページへ(html)
2014 HYDROGENIUS & I2CNER Tribology Symposium
参加人数 44名
材料強度研究部門 物性研究部門 >プログラムページへ(pdf14KB)
Workshop on Thermal Issues for Hydrogen and Related Energy Systems
参加人数 25名
<< イベント・講演会TOP ページの先頭へ