水素材料先端科学研究センター

「水素先端世界フォーラム2012」 開催報告

   2月1日(水)、産総研水素材料先端科学研究センター(HYDROGENIUS)は、福岡市で「水素先端世界フォーラム2012」を開催しました。本フォーラムは、水素社会の実現に向けた国内外の取り組みや研究成果を広く産業界へ普及させることを目的として、九州大学、福岡水素エネルギー戦略会議、福岡県との共同で毎年開催しているもので、今回で6回目となります。 今回は、世界約18カ国から述べ787名が参加されました。
   翌2月2日(木)には、各研究チームによる研究シンポジウムと研究施設見学を行いました。

水素先端世界フォーラム2012

  • 主催:独立行政法人 産業技術総合研究所、福岡水素エネルギー戦略会議、福岡県、国立大学法人 九州大学
  • 後援:(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
            水素エネルギー協会(HESS), 燃料電池開発情報センター(FCDIC),
            燃料電池実用化推進協議会(FCCJ),
            公益財団法人 水素エネルギー製品研究試験センター(HyTReC)
  • 参加費:無料
日時 2012年2月1日(水)9:50-17:05
場所 グランドハイアット福岡
言語 英語(同時通訳あり)
参加費 無料
参加人数 452名
プログラム 詳細ページへ
日時 2012年2月2日(木)9:40-18:00
シンポジウム1 水素材料強度研究チーム
参加人数:89名
プログラム→詳細ページへ (pdf 20.0 KB)
シンポジウム2 水素高分子材料研究チーム
参加人数:52名
プログラム→詳細ページへ (pdf 56.0 KB)
シンポジウム3 水素トライボロジー研究チーム
参加人数:31名
プログラム→詳細ページへ (pdf 12.0KB)
シンポジウム4 水素物性研究チーム
参加人数:37名
プログラム→詳細ページへ (pdf 12.0KB)
シンポジウム5 九州大学燃料電池・水素製造研究シンポジウム
参加人数:82名
プログラム→詳細ページへ (pdf 128KB)
<< イベント・講演会TOP ページの先頭へ