水素材料先端科学研究センター

研究設備

高圧水素粘性係数測定装置

写真表示へのアイコン 写真一覧 / 装置名表示へのアイコン 装置名一覧
高圧水素粘性係数測定装置
  圧力: 100MPa、温度:523K(250℃)
  細管寸法: 内径0.1〜0.5mm、長さ500mm
  差圧測定分解能: 10ppmFS(ライン圧力:8MPaまで)
 
高圧水素の流動や熱輸送の設計には、粘性係数は不可欠な物性値である。このため、100MPa、500℃まで測定可能な細管式粘性係数測定装置を開発。高圧チャンバー内に細管を配置し、細管部を水素が流れる際の圧力降下および流量を精密に測定することにより粘性係数を高密度に測定する機能を有しています。
ページの先頭へ